知らないと大変!家づくりにかかる費用

知らないと大変!家づくりにかかる費用

住宅本体工事と別途工事について。

知らないと大変!家づくりにかかる費用
住宅を建てる際に、工務店やハウスメーカーから見積りをとる人がほとんどだと思います。チラシや広告に記載されている価格と実際の見積り総額で差がでるケースがほとんどです。その理由は、住宅本体工事の価格とは別に、その他の工事が存在するからです。チラシや広告に載っているのは住宅本体価格であり、見積りをとった際に初めてその他工事を含めた総額がわかるというわけです。親切な会社は、見積もり当初から総額で提出してくれますが、希望しなければ、総額見積りを提出してくれない会社も存在しますので注意が必要です。

では、一般的にその他工事といわれる項目はどんな工事なのかご説明します。会社によって差がありますが、まず外構工事が別途となります。駐車場を土間コンクリートでつくるとか、物置を置く、フェンスを建てるなどといった工事です。金額も計画内容によっては高額になる可能性もあります。また、カーテン工事なども本体工事とは別の場合が多いです。最近ではカーテンも家具の一部として取り扱う方向になっているからです。その他、敷地によって変わってくる工事も別途になります。既存建物の解体工事、上下水道の本管から敷地までの分岐工事、地盤が弱い場合の地盤改良工事などが挙げられます。必要かどうか当初はわからない工事も多いですが、必要となった場合に困らないように、予算組をしておく必要があると思います。

以上が住宅本体工事とその他別途工事の簡単なご説明でしたが、実は住宅計画にはこの他諸経費が必要になります。例えば、登記するための費用だったり、火災保険料、確認申請料、印紙代、引っ越し費用などです。諸経費も計画内容によっては高額になります。その他別途工事と同じように、後で資金が足りなくなることがないように、計画当初から予算組をしっかりして頂ければと思います。予算組をしておくことで、その工事が必要なくなった場合は余裕も生まれますし、ほかの項目へ充当することも可能です。住宅計画は総資金合計を把握しておくことで、安心してすすめることができます。

新着おすすめ